低用量ピルにうるさいあの人も満足の通販

低用量ピルのシート
  1. 低用量ピルにうるさいあの人も満足の通販   >  
  2. 低用量ピルの選び方

低用量ピルの選び方

複数の低用量ピルシート

低用量ピルとひとことでいっても、さまざまな種類があります。有効成分の配分量や黄体ホルモンの種類、服用方法などで変わってきます。

よく低用量ピルで、1相性や2相性、3相性といった言葉を見ると思いますが、相性は有効成分の配分量を表しています。黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量が一定の比率で含まれているピルを、1相性と呼びます。段階型ピルのなかでも1段階変わるものを2相性ピル、2段階変わるものを3相性ピルと呼ぶのです。

ピルに含まれるホルモン量が変わると、より自然な月経周期におけるホルモン量に近づくことができます。どちらが良いかということはありませんが、1相性ピルは飲み間違いを防止できる利点があり、3相性ピルは総ホルモン量が少なくてすみ、不正出血の発現率が少ないという特長があります。

「○世代」という表記は、販売時期と黄体ホルモンの種類を表しています。低用量ピルのなかでも、もっとも新しい第4世代のヤーズというピルは、ホルモンの配合量が以前よりも少ないために、「腸低用量ピル」に分類されています。ホルモン含有量が少ないですが、同じように高い避妊効果が得られ、かつ身体にかかる負担は軽減されているのです。

低用量ピルには、このように数々の種類があり、製造している製薬会社もさまざまです。日本で認可されている低用量ピルはごくわずかで、自分が服用したいと思っているピルが処方されないこともあるでしょう。医薬品の通販サイトなら、自分の好きな低用量ピルが格安で手に入りやすいので、とても便利で経済的です。通販で低用量ピルを買うなら、種類が豊富な「お悩み宅急便」をご利用ください。まとめて複数箱買うことで、さらに薬代が安くなります。